「食の工夫・伝統の知恵」R3.11/5日20:00~20:45

「食の工夫・伝統の知恵」講話。R3.11/5日20:00~20:45 オンライン

食について。

昔、東京品川区で生まれ育った私は、ほとんど家に居ない活動的な生活で、食事は「口に入れば何でもいい。」と、食べることに関して全く無頓着でした。

腹が減ったら、サッサとインスタントやジャンクフードを口に詰め込んで、立ち話しながら移動しながら、あるいは何かをやりながら、できるだけ時間を無駄にしない。「スマートに!」それが、かっこいい都会のライフスタイルだと、当時は疑わなかったのでした。

時には、徹夜で活動し、暴飲暴食や反対に食べなかったりして、食事時間は大概不規則になっていた。今思うと、これで体を壊さないほうがおかしいと言うぐらい、効率化脳優先のめちゃくちゃな食生活や食への向き合い方です。

10代20代と、働きながら学校へ行っていた。なので、賃金を得るため効率よく働いて、欲しいものを手に入れる。人や物に振り回され、流行り追い、遊んでを繰り返す人生に大きな虚しさを感じてしまいました。

そんな時に、死ぬか生きるかの大きな交通事故に遭った。このまま、死んでいたらなんと虚しい人生だったでしょうか。3か月の入院と2年も続くリハビリ。仕事や学校と復帰したが、やりづらい身体と見え方が変わってしまった世界。この長い期間に散々と悩んだ末、機会を得て脱サラ出家することに決めたのです。

頭を剃り、出家して、天下の鬼僧堂と言われる岐阜伊深正眼寺に入門。古来より継承される本格的な仕来りを守る命がけの修行。

食との向き合い方に大変驚かされました。「一日作さざれば、一日食らわず。」と言う禅語がある。勤めを作さなかったものは、食になってくれた命をいただく資格がない。という戒め。

食べる前に、お経を上げて、食事について戒めを説いた「食事五観門」を唱える。

禅堂だけでなく食事や風呂も音を立ててはならない。一つずつ食器を扱う時にも注意し、沢庵を噛む音や、汁を飲み込むときの音も気をつけて静かに。一つ一つを丁寧に扱い、食材と一つになり深く味わうことになる。

命の糧。となる食を扱うのには細心の注意が必要だ。そのため僧堂では、いちばん修行が進んでいてできる者が、食事を作るという役になり、尊い命の糧になる食事を扱うことが許される。

私が典座に入ると、その深さに日々驚かされていました。

大きなくどで、毎日8升の米を焦がさず上手く炊く。そのために必要な木の切り出しから、薪割。食の加工技術も深い。かつて、いのちがけで、中国に禅を学びに行って、仏経典では無く、生命維持に必要な保存食の味噌醤油やお茶を学んできた。そして、日本人特有の文化にしていったのも臨済宗の禅坊主だ。

食材は、葉や皮や根っこ等、一切無駄にしない。漬物の沢庵やけんちん汁等は有名な話である。山野や近隣の畑を走り回り、食物を採り、素材を活かしてお膳に盛る、御馳走(ごちそう)という言葉の元となった。見えない裏方、走り回って苦労の上にある、有難い食事だからだ。

究極の修行と言える米炊き、それにまつわる薪割りや焦がさない為に、釜の一点に火力を当てず一気に沸騰させる薪の組み方、釜の中の米になりきる行。野菜が透明になる瞬間を逃さない、炊き方。シンプルかつ深みの極みである季節を生かした割烹。頻繁に続く行事によって変わるお供え膳の心。「食平等」が最重要事項として、全員に料理や菓子等を均等に分け合う徹底した配慮。

同じ釜で沸かした茶で心を一つにする「茶礼」。食という隠せない実践と技術の修行成果を、命の糧を分かち合う喜び。乞食行の食べ物版、茶や茶飯や野菜鉢。この季節に一年分漬ける、たくあん漬け、梅干し漬け、白菜漬けおせち料理作り、懐石料理の意味…などなど、この他にも書ききれないほど沢山の知恵と工夫を学んだ。

食について、学んだ事を楽しくお話させていただきます。

『旅だち』 in大禅寺「いっぺん死んでやり直そう」2021年10月14日開催を終えて。

「旅だち』in大禅寺 岐阜「いっぺん死んでやり直そう」2021年10月14日(木)開催しました。お声を頂けましたので、お伝えします。ありがとうございました。

【参加者様の感想・アンケート】

日頃 死を意識して生きたこと、行動したことがあっただろうか? 今回のワークショップは自分があまりにも死を考えることなく生きてきた、また生活してきたことを理解させてくれた。ビジョンボード、自分が気にいった雑誌から気に入った写真、言葉を切り抜き、用紙に貼り付けていく。ルールも無く、自分の感じたまま貼り付けていく。ワークショップ最後に、このビジョンボードに自分の精神の志向が表れると教えられる。なるほど、自分のボードを見ると犬と自然ばかり。今の自分の精神志向を言い当てられた感じだ。 精進料理も初めて頂き、その作法を試みる。音を立てずに食べる。聞いたことはあったが実践は初めてであった。 お椀一つを置くにも一苦労、また口の中の音があまりにも大きいことに驚き、なかなか食べられない。食事にこんなにも集中したことがあっただろうか。お寺では食事、お風呂、座禅時には音を立ててはいけないと聞かされる。座禅は分かるが食事、ましてやお風呂はどのようにするのか。今回の経験を通して自分がいかに集中することなく行動をし、無頓着に生きてきたと感じた。 大切なこと、大切なもの。大切な人、やりたいことから、必要の無いものを手放していく。何も考えなければ全てが必要だと最初は思った。しかし死を意識して、何が本当に必要か考えていくと、次々に手放していくようになった。そして最後に残ったものも手放す。ああ、これが死という現実だと思った。 死というものを感じた時、常に死を意識して生きていかないといけないと思った。何が必要か、何が不必要かを考え、自分が死ぬときのことをイメージしなくてはいけないと感じさせられた。 模擬葬儀,看取り、弔いを通じ、自分が死んだとき奇跡的に10分だけ生き返ったとして、何を伝えたいか、看取ってくれた人に何を伝えたいか。そんな模擬体験をさせていただき、今の自分には「ごめん、悪かった、許して、ありがとう」しか発せられない自分を自覚した。「ごめん、悪かった、許して」はどこからくるのか。それは、死を受け入れず、いつまでも自分が生き続けるという錯覚、または死から目を背けて死に対しての準備の無さからくるものだと思う。大切なものをより明確にし、死への準備、またはいつ、死と直面しても良い自分を築き上げることの重要さを感じ、看取られるときが、もし訪れるとしたら、その時は素直に「ありがとう」だけを伝えられる人生にしたいと思った。 最後にこのような機会を与えてくれ、Sさん、Tさん、今回のワークショップに参加した皆様。そして根本一徹和尚様に心から感謝申し上げます。「ありがとうございました。」 【アンケート回答】①一番印象に残ったことは、どんなことですか? 大切なこと等、自分が必要だと思ったことが死を前にして手放すという考え方が自分に出来たこと。 ②ビジョンボード・食事・旅だちをやってみた気づき・感想をお聞かせください。 ビジョンボード、楽しくできたが、これが自分の過去、現在、未来への志向に繋がるとは思ってみなかった。 食事はほんとうに大変。自分の食事中の口の中の音に驚かせられた。 旅だちは死を考えない、死から目を背けていた自分を認識。死に対してどう向き合うのか、常に死を意識して、どう行動するかを考えさせられた。 ③これからの日常で、どんなことが、やれそうですか? 自分の行動、食事を含め集中して行動するように努める。また、必要なものを考え、手放せるものは何か、どのように手放すかを考えたいです。(Hさん男性)

 いく前は何を聞かれるだろう? 何を話してたらいいだろう?と不安と緊張でしかありませんでした。久々の研修参加で自己紹介がはじまりチョット緊張がほぐれました。ビジョンマップ作成では本の写真を切ったり貼ったりすることに抵抗がありましたが、見ていたら行ってみたい素敵な場所や景色・言葉が意外に次から次と浮かんでこれからまだまだ体験できるんだと思いました。楽しい時間でした。精進料理は今までも食したことは有りましたが、静けさの空間で音を立てない様に一口一口目をつぶって頂きました。音を立ててはいけない難しさの中で食材の味が身に沁みとてもおいしかったです。日頃食事には時間をかけないでテレビなど見ながら食べていることが多いですが料理を作ってくれた方や食べれることに感謝したいと思いました。最後に座禅をしながら看取りに入ったとき一徹さんの一言一言で自分が今この時間死に向かっていくんだ。涙が溢れ出しました。両親・兄姉・義父が亡くなった時に突然の悲しみで呆然としてしま何も言葉に出せませんでした。あの時声感謝の気持ちを伝えておけばと後悔しました。いざ自分が臨終の経験をしたとき娘たちや孫たち家族に感謝の言葉しか出ませんでした。涙、涙でした。人生を振り返って人生に関わってくださった方々やまだ出会う人に感謝の気持ちや素直な気持ちでありがとうの言葉をかけていきたいと心から優しい思いに浸りました。また大事な孫娘が心の病が少しでも癒されること願うばかりです。休みの時は二人でゆっくりした時間や空間に行ってきます。これからの人生何が起こるか分かりませんが大切に実りあるものにしていきます一徹さんの話を聴いて心の曇りが晴天になりました。ありがとうございました。【アンケート】①一番印象に残ったことは、どんなことですか? 自分の臨終は何も持っていけなくて、涙がでて今までの人生や関わってくれた方にありがとうの言葉しか出てきませんでした。感謝の言葉を思うだけじゃだめで声に出さないと通じないことを感じました。 ②ビジョンボード・食事・旅だちをやってみた気づき・感想をお聞かせください。 写真や本を切り取る事に少し抵抗がありました。行ってみたい素敵な場所や景色・言葉が見つかり楽しい時間でした。 静けさの中で音を立てない様に一口一口目をつぶって食材の味をかみしめて頂きました。とても美味しかったですし料理していただいた方や食べられることに感謝しました。 ③これからの日常で、どんなことが、やれそうですか? 人生どんな出来事や出会いがあっても、自分に思い上がらず出会いに感謝し素直な気持ちで接し心からありがとうの言葉出るように心がけていきます。人生を楽しんでいきます。(Iさん女性)

 アンケート ご参加ありがとうございました。 ご縁に感謝いたします。 ①一番印象に残ったことは、どんなことですか? 全部同じくらいです。 ②ビジョンボード・食事・旅だちをやってみた気づき・感想をお聞かせください。 ビジョンボード 初めて作成しましたが写真より言葉が目に入って改めて自分は人との繋がり言霊を意識してるのかなと思いました。 食事 美味しかったです♪ やっぱりお漬物を静かに食べるのは時間がかかりますね! 食べるのが遅いので焦りました(^^;) 旅たち 既に臨終の映像も見たり家族には遺言も伝えてるので今回は 別の想定で… 夫に看取ってもらうとしたら何と言うかなと… これも一つの課題になりました(苦笑) ペアのHさんの看取りをさせて頂きましたが夫として妻に送る言葉にHさんの心を感じました… それと…これをする際、設定を事前に決めておいた方が良いかなと思いました。 今、もし死ぬとしたら⁈ それとも選んだ頃⁈ 看取りをしてくれるのは家族⁈看護師さんとか他人⁈ 看取りをする側は言葉をかけて良いのか⁈ 自由で良いかとは思いますが もっと臨場感を出す為には決めた方が良いかなと思いました。 ③これからの日常で、どんなことが、やれそうですか? 今回、夫に看取られた設定をしてこれでいいのかと思ったので 夫に残す言葉を準備しておく必要もあると… 子供たちには常に話してるので これからも変わらずコミニケーションを取ることを続けます(╹◡╹)♡ あと思ったのが… 参加された方々が、悔いを残さず伝えたい人には生きているうちにして欲しいと思って…。写真ありがとうございます。 奥さま…お疲れさまでした ありがとうございます…とお伝えください。(Tさん女性)

今回、参加させてもらいました、ビジョンマップを作るは、なかなか進みませんでした。冊子を見ているとこれかなと思うものを見つけたりしましたが、いざ貼っていくことになるとまた難しく感じました。また勇気のいることでしたが、出来上がりが自分の過去や未来とか新しい発見やら感じた事がこんなことがしたいんだとか発見できて良かったです。これからの人生できることからやりたいと思いました。 自分の死と、葬儀については、今いろいろ自分の葬儀の在り方や今後のことなど、考えていますが、体験によりいざその場になるとああ何もないし一人なんだ、これもしたいとか、これも言いたいとか言えないし、ありがとうも伝えれない,でも見守る側としても悔いが残ったり、ありがとうの感謝の言葉を伝えきれない気持ちがあふれるほどになりました。 この体験はもっと深く死について考えることが出来る体験でした。想像をはるかに超える体験でした。常に感謝の気持ちやありがとうを伝え寄り添っていけれる人生を送りたいと思います。 このような体験は偶然の出来事ではなく、必然的に頂けた空間で、この出会いにも感謝しかないです。この良い経験から今後感謝の気持ちを忘れすにして伝えていきます。ありがとうございました。【アンケート回答】 1、大切なものが、ひとつひとつなくなっていってしまうなんとも言えない、悲しさ淋しさ、え?このまま!終わりと言う何とも言えない感情が込み上げてきました。 2、命の尊さをしみじみ感じた時間です、生きていて良かったと感じる事が出来良かったです。こうして勉強出来る機会や出会いがあり恵まれた人生でもあります。ありがとうございます。まだまだ行きたい所とか、ありがとうを言ったりできると思います。 3、今は生きていることの感謝の気持ちを忘れずに健康にお仕事が、出来る恵まれた環境に、家族、会えていない友、何かしら出来るのではないかと思います。(Fさん女性)

行きたくない ~どこから来て、どこに行くのか?~

毎年8月23日夕刻は、大禅寺地蔵盆祭りで、毎年地元の小学生に、紙芝居で命の授業しています。地獄絵も見せ、やってはいけない事を魂に刻ませ、親孝行や徳行を教えています。


そして子ども達に、各家の先祖を描いた灯籠も作らせています。月夜にそれを灯して、皆で太鼓を叩きながら、般若心経をあげて、三界万霊供養と精霊送りを行ないます。とても美しい光景です。


仏教は、はっきり答えを言わないし、わかりづらいかもしれません。解釈は試練と同じく、人により違うもので、それぞれの苦難の道を歩み、気づきと実感の導きの果てに、極みに到達するものです。だから、はっきりと言えないのでしょう。


釈迦の心。般若心経の実践。坐禅でともに魂を磨き、頑張って自身に向き合い、自分からの手で掴んだ、深く腹に落ちたものが、ホンモノ。それを大切に育ててほしいと、祈願しています。

坐禅で、腹式呼吸すると、気が満ち、五感が鋭くなる。思考や我欲から離れ、心を洗う。唯、在るだけありのままの自身に満ちると、自己承認欲求や執着が無くなり、大自由を得て、下記のことが自在に出来てくる。すると、関係性が変わって来る。まさに回向。内なる仏に導いていただけている事に気が付ける。運命を受け入れ、道理に合った行動を力強く歩んでいけるのだと感じています。

行いは巡り巡って自分にもどって来る「回向」だと、しみじみと思います。世間で騒がれているコロナウィルスや他人が良い悪いでなく「そういう性質のものであっただけ」という「0=無の思考」こそ、感情にふりまわされずに、与えられているこの状況下で、どんな風にお役に立たせていただけるか、試練を通じて魂を磨くべく導いてもらえる。生かされていることに感謝し行動したいものです。

                 記

慈 相手の幸せを願う心。自分が受けたら嬉しい有り難い無償の愛。
悲 相手の悲しいキズを深く理解して一緒に泣ける心。悲しみの分かち合いで辛さも苦しみも半減。
喜 相手の嬉しい気持ちを心から祝って、自ら嬉しくなる心。喜びも倍増。
捨 人や試練などに導いて頂き、貪瞋痴や見返り 期待 執着を捨てる機会や、命をいただき食べ、おかげさまで生かさせてもらっている。と我を捨て謙虚に感謝できる心。