奨励賞を受賞しました。

本日の、新聞に出ておりました。ありがたいことに、奨励賞いただきましたこちらの団体様より、更にその上の「社会ボランティア賞」を応募していただくことになりました。「沢山の候補者様がいらっしゃる。」とのことで、大賞は受賞できるかどうかわかりませんが、発表は今年9月になるそうです。また同時に、大賞へのご推薦状を中部学院大学学長様よりいただきました。どうもありがとうございます!

~スマートよりサプライズ~

東京から来て下さいました、臨済会発行の機関誌『法光』(8万部発行)の取材が今年の4月にありました。

イカレた坊主の話しにご興味がある様で、1時間程の取材予定が、3時間半もインタビューが止まりませんでした。

同郷の同世代の同坊主との、果てしない対話は、終わりがないガチトーク。ガールズトークと真逆の押忍系。それがた面白くてたまりませんでした。

冊子が出来上がり、手元に届きましたので、お伝えします。生きてりゃ、僧に当たることあり、犬も棒に当たることあり。サプライズくることあり。

『いのちの授業』 小学4年生の興味。

 6月25日。小学生に命の授業行いました。普遍的で純粋な疑問、ど直球の質問の嵐が、とても嬉しかったです。記事を添付させていただきます。ありがとうございました。

岐阜新聞2021年6月26日朝刊記事トップページ

【子ども達の質問】

・命ってなに?

・命はどこにあるの?(心臓と命はちがうの?)

・人の命はどうやってできるの?

・どうして人には命が宿るの?

・死んでしまったら命はどこにいくの?

・命にはどれだけの価値があるの?

・命を守るためにできることは?

・人(国)によって寿命がちがうのは?

・生きる意味ってあるの?

・命って生まれ変わるの?

・しあわせに生きているってどういうこと?

・どうなったら死ぬの?

・大切な命なのに、どうして自殺してしまう人がいるの?

・命は大切なのに、どうして戦争が起こるの?

・人はどうして人種差別、人を傷つけること、環境破壊をするの?

・命ってなくなるものなの?なくならないものなの?

『ひっさつ技は仏モード』 子どもたちに贈る 千文字メッセージ 2013年4月8日発行(株)仏教タイムス社 

参考になればと、必殺技を配布しました。必要なところへとどきますように。